お知らせ・更新情報

「開かれた白岡を作る会」から応援をいただきました。

中川ゆきひろを支援する「開かれた白岡をつくる会」様から応援をいただきました。 ここ数日、駅前でも活動されている「開かれた白岡をつくる会」様よりチラシを作成いただきましたので、こちらでもご紹介させていただきます。

また、毎日のように、私中川宛に白岡市の皆さまから新しい白岡に期待するメッセージをいただいております。 現在の住みやすい白岡はこれまでの市長をはじめとして、長く住まわれている白岡市民の皆さまのおかげです。 そのことに敬意を払いつつ、皆様からのメッセージを真摯に受け止め、私中川の力に変えさせていただきます。 以下一部ではございますが、いただきましたメッセージをご紹介いたします。 (全ての掲載はできませんが、必ず目を通させていただきますので、ご意見、ご期待、ご要望ございましたら、お寄せいただければと思います。) メッセージありがとうございます。

Kさまより ○○さまより中川様初めまして都心より○○に引っ越して○年目になります○○と申します。

自分も都心(○○)へ通勤する身であり、駅前・駅中・駅周辺の利便性や活性化を期待しております。現市長の箱物政策ではなく、それぞれの領域の可能性を最大限に引き出すような、ネットワーク(物理的なものだけでなく情報的なものも含む)の再構築に期待させていただきたく存じます。

昨今、個人的に解せないのは、 ・農産物直売所が分散的に市内に存在していること(もっと買い手を考慮してほしい) ・駅舎そのものが陳腐化していること(改札口をもっと増やしてほしい) ・市役所へのルートが限られていること(○○駅からの徒歩ルートが厳しいです)といったところでしょうか。 挙げれば切りがありませんが、今後のご活躍に期待しております。(ここ数日、現市長が白岡駅・新白岡駅構内で笑顔で朝夕挨拶していますが、そんな暇があるならば、御付きのスタッフとともに、駅舎・駅前の清掃奉仕でもしてほしいものです、と思います。了見が狭いでしょうか。) 白岡市は、都会と田舎の狭間にある、とても立地の良い環境と感じております。ただ現状はその利点を活かす市政にはほど遠いものを感じております。 O様より 現市長さんは「喋れない」との批判を多く聞いています。 いまどき喋れないリーダーは必要ありません。 どのような街にしたいのか伝わってきません。 是非当選して 実行して頂きたいと思います。 転入者の独り言です。


最近の投稿
​カテゴリー
過去の記事